人事評価制度と人材採用の連動性について

人口減少に伴う労働力不足の現状では、働き手にとって有利な状況となっていることから、いかにして中小企業が「人材確保」ができるかが経営のカギとなります。
一般的に労働者から不人気である人事評価制度は、単に給与や昇給、昇格などの外発的要因を目的とするものでありません。本来の目的が他にあるのです。
この「採用」と「人事評価制度」には強い関連性がありますので今回の講義、グループワークを通して、採用と人事評価制度の本質を相互に学びます。

【このような方に向いているかも】
・人事担当の方
・経営者、管理職の方
・企業の支援に携わる方

<講師紹介>

塚本 洋介

一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研 代表理事
・社会福祉士/福祉マネジメント修士
・日本社会事業大学 専門職大学院 福祉マネジメント研究科

・一般社団法人 医療・介護・福祉人材マネジメント総研 設立
​・Fukushi Vision Group株式会社 設立
・NPO法人病院経営支援機構
・株式会社メディカルノート
・株式会社木下の介護


開催日時

2024年7月24日(水)20:00~21:30

開催方法

オンライン(Zoom)

参加費


OMSA会員:無料
ACCN会員:500円
一般:1,000円

申し込み

Peatixよりお申し込みください。

この記事を書いた人