わたしたちについて

わたしたちは「Well-being」を高めることで、職場のメンタルヘルスを向上し、働きやすい職場環境を作り生産性を向上させることを目指して活動しています。

OMSAとは

わたしたち「一般社団法人 職場のメンタルヘルス支援委員会
Occupational Mental health Support Association(OMSA)」は
「WELL-BEING」を高めることで職場のメンタルヘルスを向上し、
働きやすい職場環境を作り生産性を向上させることをミッションとして活動しています。

さらに詳しい情報はお問い合わせください。

最新ニュース

第4回 無料セミナー開催のお知らせ

コロナ禍におけるメンタルヘルスケア 
「心理的安全性の高い職場をつくるために」ワークショップ

新型コロナ対策をきっかけに多くの企業でテレワークが定着しつつあります。

「時間が効率的に使えるようになった」、「通勤によるストレスがなくなった」、「家族と過ごす時間が確保できるようになった」などのメリットもありますが、
「コミュニケーションがとりにくくなった」、「正当な評価をされるのか不安」、「プライベートとの区別がしにくい」などのデメリットもあるようです。

実際に「パーソル総合研究所」のテレワーク業務時の不安に関する調査では、「非対面のやりとりは相手の気持ちが察しにくく不安だ」、「上司や同僚から仕事をさぼっていると思われていないか不安だ」、「出社勤務をする同僚の業務負担が増えていないか不安だ」といった「評価不安」「コミュニケーション不安」「出社者との関係性不安」などテレワークで働く人々がさまざまな不安を感じていることがわかりました。

このような不安を解消してメンタル不調を防ぎ、さらに「心理的安全性」を高めるために組織としてどのような取り組みをしていけばよいのか。

そこで今回は、個人でできる「不安のマネジメント手法」と組織で取り組む「心理的安全性」について、グループワークなども活用して学んでいきたいと思います。

ぜひご参加ください。

<div class="wp-block-column"

OMSA会員スタートイベントを終えて

みなさん、こんにちは。OMSAの新名です。
さる2021年4月11日(日)、OMSA会員のオープニングイベントとして、神奈川大学の杉山教授をお招きしてセミナーを開催しました!

テーマは「職場の発達障害グレーゾーン」です。
OMSAの正式名称は、「一般社団法人 職場のメンタルヘルス支援委員会」という長い名称で、名前のとおり職場のメンタルヘルスを支援する団体として立ち上げたものです。
そんな私たちが、多くの企業の人事の方や管理職の方からよく相談を受けるのが、「職場の発達障害グレーゾーン」に関する問題でした。
「発達障害」という診断を受けているわけではない、もっと言えば本人にも自覚がない(と思われる)、しかし周囲を混乱に招き、本人も疲弊していく、いったいどう対応すればよいのか、といったお悩みです。

さらにその状態が続くことによって、メンタル不調に陥り、休職や離職となることも多いようです。
そこで、そのようなお悩みを杉山先生に相談し、今回のテーマでご講演いただくことになりました。

当日は、企業の人事職の方、管理職の方、キャリアコンサルタントや心理職など外から支援されている方、医師や社会保険労務士などの専門職の方などなど、あらゆる立場の方にお集まりいただき、あらためてこのテーマへの関心の高さを実感しました。

前半は基調講演として杉山先生から「あなたの隣の、あなたの中の発達障害スペクトラムと思考行動スタイル」と題して講演いただきました。

講演の冒頭で杉山先生から『成長や適応の支援という文脈の中では「発達障害」という言葉を使うことはやめませんか?「思考・行動スタイル」と呼んではどうでしょうか?』というご提案がありました。

【杉山崇先生ご登壇】OMSA会員オープニングイベント(※終了しました)

2021年4月OMSA会員スタート!

OMSAは、わたしたちの活動の理念に賛同し、一緒に活動していただける皆さまとつながり、相互に価値を提供しあえるような会員組織をつくります。
来る4月11日、OMSA会員スタートのオープニングイベントとして、神奈川大学人間科学部教授の杉山崇先生をお招きし、セミナーとワークショップを行います。
今回取り上げたテーマは「職場の発達障害グレーゾーン」。
近年メディアでも「大人の発達障害」などの表現で取り上げられることが多くなり、OMSAにも「職場に発達障害っぽい人がいて問題が起きているがどう対応すればよいか」といった相談が増えています。
そこで今回は、神奈川大学教授の杉山崇先生を講師にお招きし、発達障害に対する正しい考え方や職場での面談やカウンセリングの方法などについてお話いただきます。
また、そのあとは学んだ内容の理解を深めるセッションとしてグループワークを行います。ぜひご参加ください。

講演タイトル
「あなたの隣の、あなたの中の 発達障害スペクトラム」