コロナ禍におけるメンタルヘルスケア 
「心理的安全性の高い職場をつくるために」ワークショップ

新型コロナ対策をきっかけに多くの企業でテレワークが定着しつつあります。

「時間が効率的に使えるようになった」、「通勤によるストレスがなくなった」、「家族と過ごす時間が確保できるようになった」などのメリットもありますが、
「コミュニケーションがとりにくくなった」、「正当な評価をされるのか不安」、「プライベートとの区別がしにくい」などのデメリットもあるようです。

実際に「パーソル総合研究所」のテレワーク業務時の不安に関する調査では、「非対面のやりとりは相手の気持ちが察しにくく不安だ」、「上司や同僚から仕事をさぼっていると思われていないか不安だ」、「出社勤務をする同僚の業務負担が増えていないか不安だ」といった「評価不安」「コミュニケーション不安」「出社者との関係性不安」などテレワークで働く人々がさまざまな不安を感じていることがわかりました。

このような不安を解消してメンタル不調を防ぎ、さらに「心理的安全性」を高めるために組織としてどのような取り組みをしていけばよいのか。

そこで今回は、個人でできる「不安のマネジメント手法」と組織で取り組む「心理的安全性」について、グループワークなども活用して学んでいきたいと思います。

ぜひご参加ください。

【セミナー詳細】

タイトルコロナ禍におけるメンタルヘルスケア 「心理的安全性の高い職場をつくるために」ワークショップ
開催日時2021年6月22日(火)10:00~11:00
開催方法オンライン(Zoom)
参加費無料
お問い合わせ一般社団法人職場のメンタルヘルス支援委員会 OMSAセミナー事務局
info@wellbeing-omsa.or.jp
参加方法お申し込みいただいた方には、メールにてZoomのURLをお送りいたします。
メール受信およびZoomで参加できる環境をご用意ください。
★特典★特典★
ご参加いただいたお客様には、職場のメンタルヘルスに関する無料コンサルティングをご提供いたします。(60分・抽選で3社様)

【下記のような方におすすめです】

・テレワークでの社員のメンタルヘルスケアに課題をもつ人事、管理職の方

・職場の生産性を上げたい管理職、リーダーの方

・コロナやテレワークで不安を感じている方

【講師プロフィール】

田村 三太

一般社団法人 職場のメンタルヘルス支援委員会(OMSA)理事
国際EAPコンサルタント(CEAP-International)
精神保健福祉士・キャリアコンサルタント
東京都立中部総合精神保健福祉センターリワーク(復職支援)プログラム講師
大学・専門学校等にて心理学・社会福祉学・キャリアに関する講義を担当し対人援助職を養成に携わる

【セミナー主催】

本セミナーは「一般社団法人職場のメンタルヘルス支援委員会(OMSA)」が主催いたします。

「OMSA」は、『「Well-being」を高めることで、職場のメンタルヘルスを向上し、

働きやすい職場環境を作り生産性を向上させること』をミッションとして活動している団体です。

メンバー全員が「国家資格キャリアコンサルタント」の資格とメンタルヘルスに関する深い知見を持ち、

キャリアに関する支援だけでなくメンタルヘルスの問題にも対応できるプロフェッショナル集団です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です